事業者の皆様へ
ホーム    事業者の皆様へ    共済制度

共済制度

商工貯蓄共済制度

安い掛金で貯蓄をしながら融資が受けられ保障もセットされた商工会員のための制度です。

制度の特色

貯蓄 −福祉向上・従業員の退職金がわりに利用を!−
毎月の掛金から年1回保険料、経費が差し引かれ、残りが貯蓄積立金となります。貯蓄積立金は、銀行の1年定期預金と同等の利息がつきます。

融資 −設備などの改善・事業資金の調達に!−
加入後、6ヶ月以上遅滞なく掛金払込を継続していると事業資金又は生活資金の融資のあっせんを受けることができます。

保障 −万一に備えて大きな安心!−
万一の場合に備えて、保険(生命、交通事故障害)がセットしてあります。交通災害死亡時においては生命と交通傷害事故保険の両保険が併せて給付されます。

加入するには

  • 加入できる人(加入者=掛金払込者): 商工会の会員・家族及び従業員 
  • 保障対象となる方(被保険者):満5歳6ヶ月から65歳5ヶ月の健康な方
  • 加入期間:10年間
  • 加入できる口数:1口=2,000円、被保険者1人につき30口まで

商工貯蓄共済 医療保障特約

病気やケガで入院されたとき
(疾病・災害入院給付)
1日あたり5,000円
1入院の支払限度日数120日
通算支払限度日数1,095日
手術をされたとき(手術給付金) 手術1回につき手術の種類により
20万円・10万円・5万円
入院や手術がなかったとき
(無事故給付金)
10年満期 5年毎に5万円(合計10万円)

加入者の資格
商工会の会員並びに従業員(家族従業員含む)

被共済者(被保険者)の資格
商工貯蓄共済の被共済者(被保険者)で、契約日現在において健康でかつ正常に就業または日常生活を営んでいる、契約日時点の満年齢が6歳から65歳(10年満期の場合)までの健康な商工会の会員ならびに家族、従業員

保険料
男性 1,610円〜6,777円/月額
女性 1,595円〜4,868円/月額

小規模企業共済(事業主の退職金制度)

加入できる方

  • 常時使用する従業員の数が20人以下(商業・サービス業は5人以下)の個人事業主及び会社の役員
  • 事業に従事する組合員の数が20人以下の企業組合の役員
  • 常時使用する従業員の数が20人以下の協業組合の役員
  • 常時使用する従業員の数が20人以下であって、農業の経営を主として行っている農事組合法人の役員

毎月の掛金

  • 毎月の掛金は、1,000円〜70,000円(500円刻み)で加入後増額できます。減額する場合は、一定の要件が必要です。
  • 掛金は加入された方ご自身の預金口座振替で納付していただきます。(半年払、年払もできます。)
  • 掛金は全額、所得金額から控除されます。

共済金等の受取り

分割で受け取ることもできます。 一括受取りと分割受取りの併用もできます。

全国商工会会員福祉共済

商工会会員の皆様のために、全国商工会連合会が全く新しく開発し、商工会、都道府県商工会連合、全国商工会連合会が一体となって運営する傷害共済制度です。

【主なメリット】
1.掛金・共済金は、年齢・性別・職種に関係なく一律
2.手術にも手厚い補償
3.充実した入院・通院補償
4.国内外・24時間フルカバー
5.1日あたり約67円(A・Bタイプ)でビッグな補償とワイドな内容を実現!

【補償内容】
○6歳〜80歳(継続は85歳)までの幅広い加入年齢
○商工会会員とその家族、会員の従業員とそのご家族の方がご加入できます。
○ご入院は1日目からの補償で安心!(入院給付の場合、6〜12歳及び66歳以上は3日目からの給付となります)

共済金の種類 事故の種類 Aタイプ
(掛金月額2,000円)
加入年齢6〜65歳
(継続は74歳まで)
Bタイプ
(掛金月額2,000円)
加入年齢66〜80歳
(継続は85歳まで)
Cタイプ ※1
(掛金月額1,000円)
加入年齢6〜65歳
(継続は74歳まで)
死亡共済金 交通事故 1,000万円 700万円 400万円
不慮の事故 800万円 500万円 300万円
後遺障害共済金 交通事故 1,000万円〜10万円 700万円〜7万円 400万円〜4万円
不慮の事故 800万円〜8万円 500万円〜5万円 300万円〜3万円
手術共済金 交通事故 20・10・5万円 10・5・2.5万円 10・5・2.5万円
不慮の事故 20・10・5万円 10・5・2.5万円 10・5・2.5万円
入院共済金 交通事故 8,000円
(1日目〜100日目)
5,000円
(3日目〜100日目)
4,000円
(1日目〜100日目)※2
不慮の事故 8,000円
(1日目〜100日目)
5,000円
(3日目〜100日目)
4,000円
(1日目〜100日目)※2
通院共済金

交通事故

不慮の事故

3,000円
(3日目〜100日目)
1,500円
(3日目〜100日目)
1,500円
(3日目〜100日目)

※1 Cタイプのみでの加入はできません
※2 Aタイプ・Cタイプの入院給付の場合、6歳から12歳及び66歳以上は、3日目からの給付となります。
※  共済金のお支払い等・詳細につきましては、共済約款によりますので、中央市商工会にお問い合わせください。

医療特約(福祉共済にご加入されている方のみがご加入いただけます)

この医療特約に加入できる方は、商工会会員とその家族、会員の従業員とその家族であって健康な方に限ります。

加入タイプ Dタイプ Eタイプ
加入年齢 満6歳〜65歳 満66歳〜74歳
掛金(医療保険の保険料含む) 月々の掛金 1,000円 月々の掛金 1,000円
疾病入院共済金及び保険金
(1日あたり)
5,000円 ※1 4,000円 ※1
支払い限度日数(1入院あたり) 120日  ※2 120日  ※2
免責日数 なし。入院1日目から補償されます。(日帰り入院も補償されます。)
疾病手術共済金及び保険金 手術の種類により、疾病入院共済金及び保険金(1日あたり)の10・20・40倍

※1 傷害による入院については、医療特約共済金及び保険金は支払われません(福祉共済の傷害共済金が支払われます)。

※2 同一の原因による入院は120日を限度とします。退院日からその日を含めて6ヶ月を経過した日の翌日以降入院した場合、同一の原因による入院も新たな入院とみなします。

※ 共済金のお支払い等・詳細につきましては、共済約款によりますので、中央市商工会にお問い合わせください。

かいじ共済

割安な掛け金で幅広い保障。それができるのは、商工会会員が団体で加入しているから。災害特約付団体定期保険制度です。保障の引き受け会社はアクサ生命保険(株)です。

【加入できる方】会員、会員事業所の役員、従業員(家族従業員含む)
【補償の対象となる方】満15歳から60歳までの健康な方
【月額掛金】400・800・1600・2400・3200・4000円の6タイプ(年齢に関係なく一律)
【加入期間】1年間で掛け捨て。決算状況により契約者配当金がでます
【補償の内容・共済金】

一口(800円)あたり
不慮の事故による 災害死亡・高度障害保険金(災害保険金+保険金) 240万円
障害保険金 84万円〜12万円
入院給付金(5日以上120日限度) 1,800円
病気による 病気死亡・高度障害保険金 120万円
商工会独自の制度(お見舞金) 災害通院見舞金(5日〜9日) 但し1人年2回程度 一律5,000円
災害通院見舞金(10日以上) 但し1人年2回程度 一律10,000円
病気入院見舞金(5日〜9日) 但し1人年2回程度 一律5,000円
病気入院見舞金(10日以上) 但し1人年2回程度 一律10,000円
商工会独自の制度(お祝金) 結婚祝金 一律10,000円
出産祝金 一律10,000円

経営セーフティ共済(中小企業倒産防止共済)

取引先の倒産の影響を受けて、自ら連鎖倒産に追い込まれる事態を防止し、経営の安定化を図るための共済制度です。

制度の特色

  • 共済金の貸付金額は最高3,200万円
  • 無担保・無保証人
  • 税法上の特典
  • 一時貸付金制度

加入できる方

加入できる方は、次の条件に該当する中小企業者で引き続き1年以上事業を行っている方です。

  • 従業員300人以下または資本金3億円以下の製造業・建設業・運輸業等の会社および個人
  • 従業員100人以下または資本金1億円以下の卸売業の会社および個人
  • 従業員100人以下または資本金5,000万円以下のサービス業の会社および個人
  • 従業員50人以下または資本金5,000万円以下の小売業の会社および個人
  • 従業員300人以下または資本金3億円以下のソフトウェア業または情報処理サービス業の会社および個人
  • 従業員200人以下または資本金5,000万円以下の旅館業の会社および個人
  • 企業組合および協業組合
  • 事業協同組合、商工組合等で、共同生産、共同販売等の共同事業を行っている組合

毎月の掛金

  • 毎月の掛金は、最低5,000円から最高80,000円までの範囲内(5,000円刻み)で、自由に選べます。
  • 加入後、増・減額ができます。(ただし、減額する場合は一定の要件が必要です。)
  • 掛金は、総額が最高320万円になるまで積み立てることができます。
  • 掛金は、税法上損金(法人)または必要経費(個人)に算入できます。
  • 掛金の掛止めもできます。(掛金総額が掛金月額の40倍に達した場合)
事業者の皆様へ



ページの先頭に戻る